ユニコーン社数で日本は世界11位

日本では祝日の本日、日経新聞のトップ見出しはこの記事であった。 未上場スタートアップ上位20社、企業価値計1兆円超え 良い機会なので先日シンガポールの大学の講義で使用したこの一枚のスライドを取り上げてみる。各国のユニコーン(時価総額$1B以上の未上場)社数ランキングである。     出典は書いてある通りであるが、スタートアップの資金調達とは

人口論で一番大事なこと、アーバナイゼーション

  このグラフは何を示しているだろうか? 答えは、この100年ほどで起こっている世界人口の地方から都市への大移動、つまりアーバナイゼーション(Urbanization 都市化)と呼ばれる現象である。 青い右肩上がりの線が、世界の全人口に対する都市に住む人の割合、そして緑の右肩下がりの線が地方(農村部)に住む人のそれである。 たった60年前には、

なぜ日本でオール英語のイベントが少ないかを考えると見えてくること

先週はジャカルタで、再来週はデリーでスタートアップイベントに参加する。 よく何語でやってるんですか、と聞かれることがあるがすべてオール英語のイベントだ。 ちなみに先週は東京でスタートアップイベントに登壇したが、主催者側から日本語で話をしてくださいと言われた。久々に母国語だったのでたいそう話しやすかったが。 アジア諸国でなぜしょっちゅう、外国人投資家が集まるオ

Qraved raises seed funding from Rebright Partners, 500 Startups, and Skype co-founder Toivo Annus

It has only been ten days since Indonesia’s social dining directory Qraved was released to the public and we’ve already heard great news from Adrian Li, the company’s co-founder: Qraved has raised seed investment.

News in Shorts raises INR 25 crores from Tiger Global, Rebright Partners and Flipkart CoFounders

News in Shorts, a startup that summarises news in 60 words or less, has raised about INR 25 Cr  in Series A funding. The investment is led by Tiger Global, with participation from Rebright Partners of Japan and existing

どうしたらグローバルで競争力が高い日本人が輩出されるか?

先日、シンガポールで日本の第一線で活躍する人たちとアカデミックな場所で議論をする機会があったのだが、その中でやはりこのテーマに議論が及んだ。 「日本から世界規模のメガ・スタートアップが産まれるためには?」 これについては以前日本からGoogleやFacebookがどうしたら生まれるかというブログで私も論じているのだが そのためには 「当たり前だがその分野

新興国に関してみんなが勘違いしている事

アジアの新興国に出張などで来られる日本人の方々から、ちょっちゅう聞く言葉がある。 「意外と発展してるんですね」 これは初めて来た方であればほぼ100%と言っていいくらい皆さんおっしゃる感想であるが、「意外と」という言葉が既に示している通り、この感想を抱くに至る元の前提が現実と異なっている。その前提とは以下のような誤解である。 新興国は日本よりかなり遅れている。 新興国の人

ビットコインと牛とエビとオレンジ

香港のビットコイン取引サイト「マイコイン」がサービス停止=被害者3千人、総額460億円超 2月8日(日)14時55分配信 三日前にヤフージャパンが掲載した記事である。 これを読んで多くの人が 「マウントゴックス以来のビットコイン取引所の大規模破たんだ」という感想を持ったり、あるいは「ビットコインの回収不能額が円換算で460億円も生じている」と受け止めたようだ。 事実ネット上

シード期の大型資金調達は間違っている

米国のトップベンチャーキャピタリスト、マークアンドリーセンとフレッドウィルソンが昨今のスタートアップの資金調達が大型化している風潮について、Twitterで絡み合っていた。 @pmarca I assume Seed is to build product and get to PMF, Srs A is to build business, Srs B is to scale business ? Fred

中国ネット企業は、東南アジアにどんどん旗を立てている

東南アジアのインターネット業界で、ここにきて明確かつ急激に変化している点がある。 中国勢の猛攻だ。 中国ECの圧倒的覇者タオバオ、それを追う先日Nasdaq上場を果たした2位のJD.com、いずれも昨年半ばにシンガポールサイトを稼働済みである。 一方アリババはつい先日シンポスト、つまりシンガポー

既に起きている未来~東南アジアの「面を獲る」インタネットプレイヤーの実像~

先日、メンバーズ社長でニュービジネス協議会委員の剣持さん主催の会合Connectで東南アジアのネット市場につき参加者皆様に話をさせて頂いた。 その中で強調したポイントがある。 東南アジアの経済規模はロシアより大きい ロシアには、実は優良ネット企業は多くある。なかでも「ロシアのGoogle」と評されるサーチの巨人 Yandexは米Nadsdaqに上場し時価総額1兆円

日本にGoogleやFacebookがどうしたら生まれるか?

このところ米国でベンチャーキャピタル(以下「VC」)が集まるカンファレンスに参加したり、米VCとの協調投資案件がいくつか続いたりして、彼らの考え方や実情を色々アップデートする機会があった。 そこで改めて 「本当のところなぜ、米国だけに何度も世界規模の巨大なスタートアップが生まれてきたのか? なぜ日本にはGoogleのようなメガスタートアップは生まれないのか

米国一線級ベンチャーキャピタリスト達による業界への提言 – Pre Money –

ベンチャーキャピタル(以下「VC」)業界は今、大きな転換期にある。 伝統的なVCのパフォーマンスが芳しくない、アクセラレータやクラウドファンディングなど新業態が台頭するなど、VC業界は大きく様変わりしつつある。 – VC is dead -  そんな過激なキャッチフレーズをもってして、VC業界が対