For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

主要国スタートアップ資金調達額

 

これは、各国のスタートアップ資金調達金額の推移である。

見ての通り改めて2014年は世界同時スタートアップ大ブームが生じた歴史的な年だった。

1. 中国、インドは前年の3倍以上も増えた。いずれもダントツの史上最高値であった。

2. 米国は前年の1.7倍。これを過去上回ったのは一回だけ、00年のドットコムバブルの年のみ。

3. 日本も前年の1.6倍と大幅増。ただし主要国で唯一いびつ、約8年おきに収縮を繰り返している。

 

さて2015年はどうだったか? 統計はまもなく出るがQ3までの値から下記がほぼ確実だ。

1. 米国と中国、日本は対前年でほぼフラットないしは微増。少なくとも伸び率は大幅減速。

2. インドのみ一人勝ち。既に速報値が出ており、実に$9B。前年の1.7倍と大幅増キープ。

 

問題はここから。ズバリ今年2016の予測は?

今年は世界同時スタートアップ不況がはじまる。

どの程度大幅な落ち込みになるか、いつから大幅に落ち込むかは様々な要因でぶれる。しかし通期の縮小は間違いない。上記折れ線グラフがストンと逆V字に落ちても驚かない。

つまり起業家は、去年より今年の資金調達が簡単では無くなる。おそらくものすごく難しくなる。

創業まもない一回目の資金調達(シード)よりも、シリーズAが難しくなる。

シリーズAよりも、Bははるかに難しくなる。

それ以降は絶望的と言って良いほど困難を極める。

そしてそのいずれも、運よく調達出来たとしてもその金額は減り、バリュエーションは下がる。

 

さてどうするか?

ここにも書いた通り、あまり奇策はないが、準備すべきことはある。

バブル崩壊、その時どうするか?

上記は2年前に書いたのだが、残念ながら下記は的中したようだ。

ちなみに過去、ITバブルの崩壊は2000年と、2008年に起きている。
8年周期とするなら次は2016年、再来年という事になる。

ともかくも備えあれば憂いなし。みんな頑張って、乗り切ろう。これを乗り切るとものすごく強くなる。

ちなみに、不況期に創業したスタートアップは強い。確率的に好況時の創業よりも成功する事が多い。その意味ではむしろ「起業に最適な時期」がこれからしばらく続くと言っても良い。