[今日の一枚]世界インターネットサービスTop20社

  世界のインターネットサービス企業の時価総額ランキング。 上位20社のうち9社、ほぼ半分がアジア勢となっている。 中国勢は$100B台が2社おりTop5に肉薄している。というか、AppleとMicrosoftはハードウェア、ソフトウェアが主であるので除外して考えるとすでにトップ5入りしている。 インド勢はここにはいないがFlipkartの未上

World Startup Funding

世界のスタートアップ資金調達金額に占めるアジアの割合が1/3を超えた。 たったの2年前は10%強だった。 今年は間違いなく全体的に減るだろうが、割合としてのトレンドはもう少し続くのではないか。 それを牽引しているのは、中国の27%と、インドの6%の2か国だ。 日本は1%に満たない。

[今日の一枚] 国内のバズワードの変遷

ビッグデータ :2-3年前のチャンピオン。その後も安定して登場 ビットコイン :去年8月の突起は各社一斉に報じた見事な釣り報道「ビットコイン社長逮捕」 シェアリング・エコノミー: ほぼ圏外。ちなみに「民泊」は去年暮れから高ランク フィンテック: 去年の終わりから猛烈に流行。 IoT: 去年の圧倒的チャンピオンはIoT。今も引き続き一位 なおクラウド、ロボット、AI、VR

ビットコインの死

Bitcoin、Blockchain関連のスタートアップへベンチャーキャピタルとしていくつか投資を行っている身で述べるのもなんだが、Bitcoinはしょせん実験である。実験は成功する事もあれば失敗する事もある。   さて今この瞬間、米国テック業界ではその実験は失敗だ、「ビットコインは死んだ」という論に注目が集まっている。   昨日、ビットコイン関

[今日の一枚] 世界のスタートアップ資金調達金額

  これは、各国のスタートアップ資金調達金額の推移である。 見ての通り改めて2014年は世界同時スタートアップ大ブームが生じた歴史的な年だった。 1. 中国、インドは前年の3倍以上も増えた。いずれもダントツの史上最高値であった。 2. 米国は前年の1.7倍。これを過去上回ったのは一回だけ、00年のドットコムバブルの年のみ。 3. 日本も前年の1.6倍と大幅増。ただ

[今日の一枚] 7.5%という数字

  今ここに1という数字があるとして、上記はそれが毎年7.5%ずつ10年間増え続けた場合(オレンジ)と、毎年1%だけ増え続けた場合(青)の推移を表したスライドである。   つまり、7.5%という数字は複利計算で10年後にちょうど2倍になる数字であり、1%は10年たっても1割だけしか増えないという、それぞれ数字である。 世の中にはその数字にあてはまる事柄がいくつかあ

[今日の一枚] インドは10年前の中国

  これは、インドと中国の25年前から現在までの名目GDPを並べたうえで、インドの時間軸を左横に10年分移動したグラフだ。 つまり、現在のインドのGDPはその金額および伸び率において10年前の中国とほぼ一緒である、という事実を示したスライドである。     ちなみに中国はこの5年後の2010年に日本を抜いて世界第2位となった。 そこからまだ5年しか経っていな

リブライト・パートナーズが24億円規模の2号ファンドを組成、インドのモバイル・スタートアップ投資を強化

日本のインターネット企業を LP に持ち、東南アジアのスタートアップを中心に投資を展開してきたリブライト・パートナーズは今日、新ファンドとなる2号ファンド(正式名称:Rebright PartnersII投資事業組合)を設立し、主としてインドのモバイル・ファースト、モバイル・オンリーのスタートアップ向けの投資を強化していくと発表した。 … Full Article

日系VCのリブライト・パートナーズ、インドの物流スタートアップに出資

シンガポール本拠の日系ベンチャー・キャピタル(VC)、リブライト・パートナーズは、インドの物流テクノロジーのスタートアップ、Letstransport.inの資金調達に参加したと発表した。Letstransport.inは今回のラウンドにより、リブライト・パートナーズや複数のシリアル・アントレプレナーから合計130万ドル(約1億5,600万円)を調達した。。

リブライト、インドのITに投資 ファンドを組成 [日本経済新聞]

ベンチャーキャピタル(VC)のリブライトパートナーズは27日、インドのスマートフォン(スマホ)関連のベンチャー企業に出資するファンドを組成する。投資資金規模は約24億円。インドのスマホ市場の成長を見据え、出資先と出資者である日本の企業を結びつけてインド進出を促す。 … Full Article